筋肉増強剤・アナボリックステロイド~個人輸入代行・通販サイト~

個人輸入代行・通販サイトで筋肉増強剤・アナボリックステロイドを服用した体験記。アナドロール(アンドロリックタブレット・成分はオキシメトロン)は経口剤のステロイドでは最強。クロミド(クロミッド)やノルバデクス、アリミデックスは副作用防止・睾丸機能回復に。

ミオスタチン/マイオスタチン|効果と副作用

      2019/02/24

ミオスタチン/マイオスタチンとは?

・ミオスタチンの特徴について

僕は筋トレを毎日のようにやるんですけど、正直言って、もっと楽に筋肉増強できれば!と思うことがあるんです。

これは知らない人もいらっしゃるかもしれませんけど、人間の筋肉は、あまり大きくなりすぎないように、調整する役割が標準装備されているんですね!
なんで?と普通は思われるかもしれませんが、これは、人間に、ミオスタチンという成分があるからです。

なので、ミオスタチンを抑制するということに成功できれば、もっとスピーディーな筋肉増強に成功できるんですね!

・ミオスタチンの役割とは?

ミオスタチンは、人間の筋肉から分泌されている、タンパク質のことを示しています。
これは、先述のように、筋肉の成長を抑制するということができます。

以下は、20年前の話になります。

ベルリンにて、1999年に、ミオスタチンの分泌が十分にできていない、赤ちゃんが生まれました。

なので、この赤ちゃんは、もちろん、母親の身体の中で、一般的な胎児と比較した場合に、筋肉の異常発達が見られたみたいです。

なぜ、ミオスタチンという成分によって、筋肉の異常発達を抑制する必要があるのでしょうか?

これは、主に2つの理由があります。

⑴過度な体格の変化を防止するため。

⑵がん細胞増殖を抑制するため。

こういった役割があります。

普通に考えれば分かるのですが、もしも、人間に標準装備のミオスタチンの役割が十分でなかったとすると、筋肉が異常なまでに発達するということになってしまいます。

体型が、毎日の生活の中で、どんどん変わってしまうことになります。

実際、運送業をされている方の中には、物を引っ張る作業が多いために、背部の筋肉ばかり過度に発達してしまう特徴が確認されたりします。
すると、かなり姿勢が崩れてしまったりするのです。

その他、色々なデメリットが確認されます。

また、ミオスタチンの分泌が十分でないデメリットとは、他にもあります!
これは、無視できません。
ミオスタチンの分泌が十分でない場合には、もしも、筋肉にがん細胞が発生した場合に、非常に厄介です。

がん細胞が、どんどん分裂してしまうことになってしまいます。
すると、がん細胞の拡大ということは、防ぎようがないということになってしまいます。

上記の役割のために、ミオスタチンとは、毎日、重要な仕事をしています。

ボディビルディングの世界に詳しい人なら誰でも、ステロイド剤や、ヒト成長ホルモンやインシュリンなどのその他の筋肉の増強を援助する様々な物質が全く無かった時代に戻るのは現実的ではない、と同意するだろう。

ステロイド剤は、たとえ大変有害であると立証されても、タバコや麻薬とは異なるものである。ステロイド剤はむしろ古代の錬金術師の賢者の石に似ていて、肉体と精神に重大な変化をもたらす物質だ。そのような変化の探求は永遠のもので、人間性に深く根ざしていて、全ての文化的伝統に存在している。

従って、私の意見では、タンパク質同化ステロイド乱用の唯一の解決策は、同様の効果を持つ無害な物質(あるいは処置)を見つけることしかない。これまでのところ、唯一の有望な処置は筋肉の成長を制限するタンパク質のミオスタチンを阻害することだけだ。

まず第一に警告しておかなければならないのは、現在人間には、ミオスタチンを阻害してそれにより制約のない筋肉増強につながるような処置も薬もない、ということだ。動物(特にマウス)での初期の結果は非常に有望だったが、そのような物質を持っていると主張したり、ひょっとしてそれを売ろうとしている人はみな詐欺師なので、だまされて、ミオスタチン阻害性質を含むと主張する製品を買わないようにしてもらいたい。しかし、科学者によると、実用的なミオスタチン阻害物質が作り出される日は近いそうだ。

ミオスタチンとそれに関連する遺伝子が最初に科学者グループに発見されたのは、1997年ジョン・ホプキンズ大学であった。アレクサンドラ・マクファレン、セジン・リーそしてラヴィ・カムバドゥア各氏はマウスのミオスタチン生成に関わる遺伝子を阻害することを試み、その結果筋肉量が2倍になったマウスができた。それ以来、ミオスタチンホルモンの欠陥が動物でも人間でもかなりの筋肉の増強を引き起こすことが明らかになった。たとえば、非常に筋肉の多いピードモント種、そしてベルジャン・ブルー種の雄牛はミオスタチン遺伝子に欠陥があることがわかっている。

現在、ミオスタチン抑制/阻害には2つの方法がある。1つ目のより保守的な方法は、ミオスタチン生成、あるいはミオスタチンの受容体との結合を阻害し、その結果筋肉を増強するような物質を作り出すことだ。

ミオスタチン/マイオスタチン阻害剤は無害だが全く効果がない

2つ目のより革新的な方法はミオスタチン遺伝子を直接ターゲットにして、それを無効にし、その処置の結果を永続的なものにする、というものだ。これがペンシルベニア大学の生理学者のH.リー・スウィーニー氏がやろうとしていることだ。前に述べたとおり、どちらの方法もまだ結果を出していない。ニュージャージー州マディソンに拠点を置く製薬会社Wyeth Pharmaceuticalsは、同社が開発したMYO-029と呼ばれるミオスタチン阻害化合物によって、大変な興奮を引き起こした。しかし、数年にわたる開発と臨床試験を経て、この会社は2008年3月に、この薬は無害ではあるが全く効果がない、と発表した。遺伝子治療も、免疫反応のため、現在は人間ではうまくいっていない。

アナボリックステロイドユーザーにとっては残念ですね。

アナボリックステロイド通販サイトはこちら

 

ミオスタチン/マイオスタチン阻害剤で腱が「小さく、もろく、低細胞化」する?

ミオスタチン阻害に関するもう一つの問題は、2007年のミシガン大学の科学者グループによる(マウスに関する)研究によれば、それによって、腱が「小さく、もろく、低細胞化」するように思われることだ。

いずれにせよ、以前に述べたとおり、科学者たちの間ではミオスタチン抑制が間もなく達成されることはほとんど間違いないことだ。実際、アンチ・ドーピング機構はすでに阻害ミオスタチンの検査の開発で忙しい。この検査が首尾よく実行に移され、ミオスタチン阻害を行った者がスポーツから除外されたら、プロの運動選手たちは、全ての筋ジストロフィー症の治療を受けた高齢者の方が自分たちよりも筋肉質になるという奇妙な状況に陥ることになるかもしれない。

(2018年現在、フォリスタチンfollistatin=ミオスタチンの阻害物質を含むとされる薬がインターネット上で販売されているが臨床データもほとんど無く、効果は疑問。減量期に脂肪の減少を助けるわけでも無く、筋肉の減少を抑えるわけでも無く、食欲の増加により体重が増えるから筋肉も増えるだけ。参照:https://www.tigerfitness.com/blogs/supplements/follistatin-344-build-muscle

 

参照: http://anabolic-steroids.info/myostatin-blockers/

Scientific American, August 2005 and August 2008 McPherron A., Lee S. Double muscling in cattle due to mutations in the myostatin gene Proc Natl Acad Sci USA, 1997 Mosher D.S., Quignon P., Bustamante C.D., Sutter N.B., Mellersh C.S., et al. A Mutation in the Myostatin Gene Increases Muscle Mass and Enhances Racing Performance in Heterozygote Dogs. PLOS Genetics, 2007 Mendias C.L., Bakhurin K.I. ,Faulkner J.A.; Tendons of myostatin-deficient mice are small, brittle, and hypocellular; PNAS, 2008 vol 105 no. 1 388-393

 

 

アナボリックステロイド通販サイトはこちら

ミオスタチンを阻害して筋肉をつける方法

チョコレートに含まれるエピカテキンでミオスタチンを阻害できる!?

・エピカテキンについて

エピカテキンについては、これからご紹介させて頂くような作用があるとされています。
エピカテキンとは、まず、動脈硬化の予防作用があるとされています。
また、エピカテキンは、抗酸化作用もあって、抗がん作用もあります。
高血圧の予防といっれたこともできまして、エピカテキンの有効性は非常に高いです。
このようなことから、エピカテキンとは、積極的に摂取するようにすれば、とても健康的な生活を期待することができます。

・エピカテキンの筋肥大とは!?

ミオスタチンって知っていますか?
これは、筋肉の発達を抑制させる、タンパク質の一種とされています。
ミオスタチンが大量に分泌されるということは望ましくなく、筋肉の成長が、思うようにいかないようになるかもしれないので注意してください。
ミオスタチンの分泌を通常より落とすということができれば、筋肥大を飛躍的に高めるということができます。
人の中には、ミオスタチンが欠如した人も生まれつきいらっしゃいまして、この体質に生まれたら、筋肉が人よりも、かなり発達した状態になるのです。
ミオスタチン関連筋肥大という体質だったら、普通の最大2倍まで、筋肉量が高まるとされています。もちろん、ミオスタチンとは、人間にとって重要な機能となっています。ですが、毎日のように筋トレしているなら、ミオスタチンの分泌は、少しでも少ないものにしたいですよね。

・エピカテキン含有量が多いもの

ダークチョコレートとは、エピカテキンの含有量が非常に多いとされています。
純ココアは、ダークチョコレートに含まれていますが、エピカテキンが含有されています。
エピカテキンを十分に摂取したいと考えるなら、やはり、ダークチョコレートに関して、ココア含有量に着目するようにすべきです。

・エピカテキンとは、一日、どのくらい摂るべき!?

エピカテキンとは、とれば摂るほど良いというものではなく、だいたい、1日平均150mgくらいの摂取が良いとされています。
ダークチョコレートの板チョコなら、半分強の摂取で、十分にカバーできる計算になります。

・ダークチョコレートについて

筋肥大を飛躍的に加速させるのは、ダークチョコレートとされています。

ダークチョコレートとは、他のジャンクフードよりもメリットがありまして、抗がん作用、動脈硬化の予防といったこてにも効果ありです。
抗酸化作用もあるので、これは利用するしかないでしょう。
理想は、エピカテキンを毎日150mg摂取するということが良いのですが、それを下回った場合には、十分な効果を得られるのかということは、明らかになっていないのです。
ダークチョコレートのほかに、緑茶でも、効果はあるようです。
これによって筋肥大が加速し、健康効果を促進させることにもつながりますので、この機会に、ぜひ検討してみましょう。

ウエイトトレーニング

もしも、人が、とても頑張ってウエイトトレーニングを行ったという場合には、ミオスタチンの分泌とは、基本的に抑えられるようになります。
人で実践した証拠に基づく情報によると、上記をすることによって、ミオスタチン 分泌は抑制されるということが明らかになっています。

ある論文では、10週間のウエイトトレーニングを実施した場合には、ミオスタチン レベルが2割も低下したということがわかっています。

シンプルに、この論文の要点をまとめますと、本格的なウエイトトレーニングによっては、ミオスタチン レベルとは、一般的に下がるということです。
これには、ウエイトトレーニングの部位は、ほとんど関係はないのです。

アルカリ性食品の有効性について

基本的に、人間の身体とは、弱アルカリ性とされています。

ですが、毎日摂取する食品によっては、変化が見られるということもあります。
砂糖や肉を過剰に摂取してしまったという場合です。
本来、弱アルカリ性の人が、酸性になってしまうことを専門用語で、アシドーシスと言います。

ある、動物実験によっては、アシドーシス状態になることによって、通常時よりも、ミオスタチン 分泌が盛んになるということが判明しています。

もしもミオスタチン 分泌を、少しでも少ないものにしたいという希望があるなら、アルカリ性食品の積極的な摂取をお勧めします。
アルカリ性食品の中でも代表的なものは、例えば、緑黄色野菜、大豆、海藻といったものです。

ミオスタチンに関して以外にも、アルカリ性食品の積極摂取には、さまざまなメリットがあるとされています。

筋トレを毎日のように行っているという方には、アシドーシスの傾向が顕著なものになることが多いとされています。
これは、乳酸や、エネルギー消費の問題に関係するとされています。

アシドーシスの問題点とは、非常に大きなものがあります。
それは、尿結石になったり、痛風になりやすい特徴を持つことになるからです。

有精卵の摂取はお勧め!

ミオスタチンレベルを下げるようにできる、天然物があります。
それは、有精卵です!
2000年代に、有精卵を用いることによって、ミオスタチンが抑制できると明らかになっています。
サプリメント開発などは現在も進められているのですが、実用化はされていないです。

有精卵と無精卵の違いについては、はっきりとしています。
無精卵の場合には、ケージ飼育が一般的となっています。

なので、生涯土を踏むことがないのです。

もしも金銭的余裕があるようであれば、ミオスタチン レベルを低下できる、有精卵を購入するようにしてみましょう。

また、2010年になってから、また新たな発見がされました。
それは、クレアチンも、ミオスタチン 分泌低下に一役買うということが判明したのです。

クレアチンとは、毎日のように筋トレする人にお勧めです。
余裕があるなら、購入しても損はないでしょう。

クレアチンとは、ミオスタチン 抑制に、とてもメリットがあります。
ただ、クレアチンを毎日のように常用するということには、それ自体に、デメリットがないというわけではありません。
クレアチンの常用によっては、腎臓に過度な負担がかかるということが、明らかになっています。
クレアチン摂取とは、MAXでも、3ヶ月以内で抑えるようにしてください。
これは、100gドーシング法による長期利用となっていまして、あくまで、安全第一と心掛けるようにしましょう。

ビタミンD

ビタミンDとは、現在、ミオスタチン 分泌を下げることができるのではないかと注目を受けています。
ビタミンDについては、クレアチンのように、具体的な研究がされているというわけではありません。
なので、確固とした証拠があるというわけではありません。

このビタミンDについては、一部、骨粗鬆症に効果的というメリットも指摘されていますし、まずは摂取してみるのも良いのではないでしょうか。

カリウムやクエン酸

カリウムやクエン酸については、トレーニング中のワークアウトドリンクとして非常に効果的とされています。
クエン酸の働きとは、非常に単純明快なものとなっています。
これは、乳酸を代謝させることに、優れた効果を発揮します。

これによって、人のエネルギーが効果的に回復できます。

もしも、カリウム不足に陥ったという場合には、筋肉がダメになります。
なので、クエン酸と同様に、カリウム摂取も非常に大切となっています。

動物実験のみですが、カリウムやクエン酸の積極的な摂取によって、ミオスタチン 分泌の低下ができるとわかっています。
アシドーシスも防止でき、トレーニング中には、とても必要です。

フォリスタチン

タンパク質の一種の中には、フォリスタチンもありまして、これはミオスタチンと結合します。
そうすれば、ミオスタチンを不活性状態にするということが可能なんです。
ミオスタチンの大量分泌は抑えたいところですが、フォリスタチンの分泌を高めることができれば、ミオスタチンの働きを抑えられるのです。
以上のことによって、筋肉の発達を促進させるということができるというフローです。

・エピカテキン、ミオスタチン、フォリスタチンの関係について

2014年には、ある研究が実施され、そこでは被験者に、エピカテキンが摂取されるということになりました。
すると、なんと、10パーセント以上のミオスタチン分泌が抑えられるという結果が得られました。
フォリスタチンに関しては、エピカテキンによって、ほぼ5割程度、分泌が増えたと報告されています。
エピカテキンとは、日常的に摂取するということがよく、ミオスタチンの分泌をしっかり抑えられるのです。
筋肉量の肥大を強く望むというのなら、エピカテキンの日常摂取がオススメで、関連する食材を摂取するように努めてください。
(2018年現在、フォリスタチンfollistatin=ミオスタチンの阻害物質を含むとされる薬がインターネット上で販売されているが臨床データもほとんど無く、効果は疑問。減量期に脂肪の減少を助けるわけでも無く、筋肉の減少を抑えるわけでも無く、食欲の増加により体重が増えるから筋肉も増えるだけ。参照:https://www.tigerfitness.com/blogs/supplements/follistatin-344-build-muscle

参照サイト:https://workout-science.com/epicatechin/ 

 

・今回のまとめについて

ミオスタチン(マイオスタチン)を抑制するという謳い文句の薬もネット上にありますが、
胡散臭い品ばかりなので、基本的には、医薬品を極力使わないようにして、ミオスタチン とは、抑制するようにすべきです。

健康を大きく損なわないように、注意するようにしましょう。

 

 

ミオスタチンブロッカー(阻害剤)とされる薬が実は効果が無いというのは残念ですね。ミオスタチンを減らす食べ物を探すより、ボディービルダーの食事メニューを参考にバランスよく栄養を摂るのが良いかも知れません。サプリメントは、ミオスタチンの抑制にクレアチンとHMBが有効。

 

*最近、「ミオスタチン/マイオスタチン阻害剤 通販」とか「ミオスタチン/マイオスタチン アナボリックステロイド 通販」などというキーワードで検索されて来られる方がいらっしゃいますが、人間の筋肉増強に効果のあるブロッカー(阻害剤)はありません。あるという臨床試験データがあれば、ご連絡お願い致します。遺伝子に欠陥がある牛が筋肉だらけという写真はネットで探せば有りますが人間はまだです。
人間に対して外部から注射して化け物みたいに筋肉だらけになったボディービルダーがいれば信用できるのですが・・

この記事を見た人はこんな記事も見ています

 - 筋肉増強剤 ,