筋肉増強剤・アナボリックステロイド~個人輸入代行・通販サイト~

個人輸入代行・通販サイトで筋肉増強剤・アナボリックステロイドを服用した体験記。アナドロール(アンドロリックタブレット・成分はオキシメトロン)は経口剤のステロイドでは最強。クロミド(クロミッド)やノルバデクス、アリミデックスは副作用防止・睾丸機能回復に。

クロミッドで睾丸機能を回復しよう|効果と副作用

      2018/12/23

クロミッドの利点

タンパク質同化ステロイド使用者におけるクロミッドの使用には、二つの明らかな利点がある。ひとつはタンパク質同化ステロイドのサイクル中の使用である。アンドロゲン作用のあるタンパク質同化ステロイドの多くはアロマターゼプロセスを介してエストロゲンに変換される。これはエストロゲン関連の副作用を引き起こすが、通常、アナボリックステロイド使用に関連する。中でも女性化乳房として知られる副作用が顕著であるが、男性の胸が女性のオッパイみたいになるのである。クロミッドは体内のエストロゲンを減少するものではないが、受容体への結合を阻害し、このようなマイナスの副作用をブロックする効果が多くみられる。しかし、それには限度がある。エストロゲン関連の副作用により敏感な場合、体内のエストロゲンを減少することはないことから、クロミッド だけだと足りないかもしれない。エストロゲンを減少させ受容体への結合をブロックするには、より強い薬物が必要となることが多い。この場合、運動選手がニーズを満たすためには、アリミデックスやレトロゾールなどのアロマターゼ阻害薬の使用が望ましい。

クロミッド使用におけるもう一つの利点は、タンパク質同化ステロイド使用者におけるPCT期間中の使用である。タンパク質同化ステロイドは自然なテストステロン生産を抑圧する。タンパク質同化ステロイドを正しく責任を持って使用した場合、スタックの一部はテストステロンベースのステロイドとなる。サイクル中の自然なテストステロン生産が抑圧されるが、この場合外因性テストステロンを取り入れるため、特に懸念する必要はない。サイクルが完了すると、自然なテストステロン生産が再開し最重要となるため、状況は変わり始める。男性の睾丸でテストステロンが生産されると最も理解されているが、生産は睾丸で始まるわけではない。テストステロンの生産を行うには、テストステロン生産のシグナルを睾丸に送るために、下垂体がLHなどのホルモンを十分に出す必要があり、そうして初めてテストステロン生産が行われる。幸い、クロミッドはこうしたゴナドトロピンを刺激するため、自然なテストステロン生産を刺激する。PCT期間中のこのプロセスは、我々の健康と生体機能全体において重要なだけでなく、タンパク質同化ステロイドのサイクル中に作られたテストステロンを貯蔵するのにも重要である。PCTクロミッドに関して言うと、非常に有用だということが言える。

クロミッドの副作用

すべての薬剤と同様、クロミッドにもマイナスの副作用の可能性があるが、ほとんどの場合、非常に弱く、使用者の大部分には副作用がでない。すべての薬剤には副作用の可能性があるが、絶対ではないということを常に理解しておくことが重要である。最も一般的な副作用は、紛れもなく視界のかすみである。これが問題だというクロミッド使用者もいるかもしれないが、使用を中止するとこの症状は消える。その他には顔面紅潮や腹部の不快感などがあるが、クロミッド使用者の副作用は1%未満であることから、いずれも非常にまれである。

クロミッドとノルバデックス

クロミッドとノルバデックス(タモキシフェン)は通常、同様であると考えられており、集中的に使用され、効果は非常に的確である。クロミッドとノルバデックスはいずれもSERMクラスに属する薬剤であることで知られており、いずれもサイクル中およびPCT期間中に、同様の作用機序により同様の効果をもたらす。ここでの題材に関連する最大の相違点は、効力に関するものである。ミリグラムで言えばノルバデックスはクロミッドよりも強く、その差はおよそ8倍である。これはかなり大きな差異である。したがって、ステロイド使用者がなんらかの目的でクロミッドを使用する場合、ノルバデックスを使用していた場合よりもはるかに多量のクロミッドを使用する必要がある。

クロミッドのサイクルと用量

クロミッドは副作用が弱く、また非常にまれであることから、長期間使用しても安全である。ステロイドサイクル中にクロミッドを使用し、前途したように芳香族化を防ぐる運動選手もいるが、アロマターゼ阻害薬とノルバデックスはこうした目的で使用されることがはるかに多い。たとえそうでも、一日25mgという軽めの用量で副作用を防止するのには十分である。しかし、こうした目的での使用における有効性を考えると、アロマターゼ阻害薬ははるかに有益であることが分かる。

PCTはクロミッドを使用する最適なタイミングであり、用量と使用期間を最も考慮するところである。大抵の場合、約4週間がPCTの十分な期間と考えられており、そのうち3週間、クロミッドを含む治療を行う。質の高いPCTは通常10日間のhCGとクロミッドもしくはノルバデックスの使用から始める。運動選手の多くは、hCGとクロミッド1日150mgを1週間、その後1日100mgを2週間使用し、PCT期間を無事に終了する。しかし、上記の用量では不十分な運動選手もいる。その場合は1日約50~100mgをさらに1週間続けることもある。

 

クロミッドの通販サイトは、こちら

クロミッドの成分クエン酸クロミフェン

クロミフェン(Clomifeneとも呼ばれる)はステロイドではないが、一般にタンパク質同化ステロイドと関連する。 クロミッドは、体内のゴナドトロピン産生を刺激して増加させる属性を有する選択的エストロゲン受容体モジュレーターまたはSERMとして知られる薬物クラスに属する。 ゴナドトロピンは、主に下垂体の細胞から派生するタンパク質ベースのホルモンであり、内分泌系の適切な機能に必須である。 その作用機序に起因して、クロミッドは卵巣刺激の目的で開発されたものであるが、すべてのゴナドトロピンを刺激することから、卵巣刺激の使用目的をはるかに超えた、ポストサイクル回復プランの一部として多くの運動選手により使用されることが多い。
SERMクロミッドは、それ自体が受容体に結合することによりエストロゲンの受容体結合を阻害する。これは多くの理由において非常に有益である。その作用機序によりクロミッドは黄体形成ホルモン(LH)および卵胞刺激ホルモン(FSH)の放出を刺激し、それが体全体におけるテストステロンの生産と放出を促す。お分かりのように、これは、運動選手がパフォーマンスを強化するにあたり、一般にポストサイクル療法(PCT)と呼ばれる期間中のサイクルとポストサイクルの両方において、クロミッドの使用が有益であると考えられる二つの理由を示している。

 - ケア剤