筋肉増強剤・アナボリックステロイド~個人輸入代行・通販サイト~

個人輸入代行・通販サイトで筋肉増強剤・アナボリックステロイドを服用した体験記。アナドロール(アンドロリックタブレット・成分はオキシメトロン)は経口剤のステロイドでは最強。クロミド(クロミッド)やノルバデクス、アリミデックスは副作用防止・睾丸機能回復に。

女性がアナボリックステロイドを使用する効果と副作用

      2018/12/23

女性とアナボリックステロイド

いくつかの重複はあるが、女性がアンドロゲン性アナボリックステロイド(AAS)を使用する理由と、男性の使用理由とはかなり異なることが多いことが研究で示されている。女性によるステロイド乱用に伴うリスクとその結果はさらに異なる。AASの使用がすべての人にとって一様に危険ではないことは明らかである。例えば、AASは、成人男性の一流スポーツ選手の方が、スポーツ選手でない成人男性よりも危険性が低い。身体がまだ完全に発達していない十代の少年にとってはさらに危険である。そして、女性の身体は、単純に、外因性の(外部に由来する)男性ホルモン向けにできていないため、女性と女子にとっては、はるかに最も危険である。

アナボリックステロイドの通販サイトはこちら

 

アナボリックステロイドは、女性に大きな影響を与える。ステロイドは、天然に存在する男性ホルモンテストステロンの合成誘導体である。それは、同化(筋肉と筋力の増強)作用を持つだけでなく、アンドロゲン(性的特徴にも影響を及ぼす)作用も有する。ざっくばらんに述べれば、アナボリックステロイドは、男性をより男性らしくするために使用される。この理由一つをとっても、ステロイドは、男性よりも女性にとってはるかに潜在的に有害である。女性の内分泌系に導入されると、AASは深刻なショックを引き起こす。 例えば、性適合治療(性転換としても知られる)においては、患者に異性の性的特徴を最大限提供することが目標である。内部及び外部生殖器を除いて、これらの特徴はそれぞれの性ステロイドの生物学的効果に左右される。したがって、(半)合成性ステロイドは、性適合治療において不可欠なツールであり、希望の成果を達成するためには性転換ホルモン療法の使用が必要である(ハンバーガー、1969年;レビットら、1980年)。したがって、AASを乱用する女性は、陰核の拡大、声の深化、顔の毛の増加など、二次的な性的特徴に重大な変化が生じるのを必ずや経験するであろう。

皮肉なことに、女性によるアナボリックステロイドの乱用は危険なだけでなく、必要がない。多くの女性は、男性が既により高レベルのテストステロンを有し、AASによってより大きく強く作られているため、同様の結果を得るにはかなり多くの薬が必要である、と誤った考えを抱いている。しかし、体内の男性ホルモンの量に直接比例して筋肉量と筋力が増加することはないため、この理論はそもそも誤っている。実際、研究では、女性は、男性が必要とする量のほんの一部にすぎない量から相当の同化作用を得ることが示されている。したがって、男性ホルモンを使用して健康を危険にさらすという致命的な決断を下した女性であっても、男性ホルモンを大量に服用する筋合いはないのである。

なぜ女性はAAS(アナボリックステロイド)を摂取するのか?

女性がアナボリックステロイドを使用する理由は数多くある。女性のAASユーザー数人には、筋肉醜形障害がある。これは、自分が十分に筋肉質でないという考えに執着するようになる障害である。この状態に苦しむ人は、筋肉組織の点においては平均よりもしばしば高いにもかかわらず、「痩せている」、「太っている」、又は「小さすぎる」という錯覚を抱く傾向がある。醜形恐怖症は、しばしば、ビゴレキシアや神経性無食欲症の反対と呼ばれ、非常に特殊なタイプの身体醜形障害である。筋肉醜形障害は、ワークアウトやボディービルディングに対する単純な執着ではない。筋肉醜形障害として臨床診断されるためには、精神障害の診断と統計マニュアル(DSM IV)で概説された症状の「タイプ」及び「程度」を示さなければならず、単に体格に過度に関心を抱いたり、他者から見て過度と思われる程フィットネス運動を行ったりするだけでは足りない。

障害の包含基準のいくつかは次のとおりである。

常に鏡で自分自身をチェックする
ワークアウトセッションを逃したり、1日6回の食事の一つを逃したりすると憂鬱になる
食事で一日当たりに必要な量のタンパク質を得られないと憂鬱になる
潜在的に危険なアナボリックステロイドを摂取する
過度の運動のために仕事、人間関係、または家族を放置する
体重が減っている、又は、筋肉組織が平均未満であるという錯覚を抱いている
その他の理由

もちろん、AASはパフォーマンス向上という莫大なメリットをもたらし、そのようなスキャンダルの大半を占めるのは男性だが、プロやアマチュアの女性アスリートもAASをこの目的のために摂取する。このような乱用は主流の社会ではほとんど気づかれていないが、この問題は非常に蔓延しており、一部の組織では公然に予防措置をとっている程である。例えば、cafepress.comは、薬物フリー競技を維持し支援している人たち向けに「ステロイドなしの女性用」のTシャツを販売している。

女性の副作用には体毛の増加が含まれる。驚くべきことに、多くの女性は、自分を守る必要性を感じてステロイドを使用する。そして、レイプの被害者はAASを乱用し始めることがよくある。国立薬物乱用研究所(NIDA)の女性のウェイトリフティング選手に関する研究では、強姦された人は、そうではない人と比較してその2倍、アナボリックステロイドや他の筋肉増強すると言われる薬物を使用しているとされる。さらに、強姦された人のほとんどすべては、大きくなったり強くなったりすることで、威圧的又は魅力のない姿となることによって、さらなる加害を防ぐことができると信じて、被害後、ボディビルディング活動が著しく増加したと報告している。75人の女性被験者を対象とした別の研究では、10人がAASを使用して筋力と筋肉量を増強させる理由としてレイプされたことを挙げたという(グルーバー、ポープ、1999年)。強姦の被害者は、ほとんどの場合、再び男性を信頼することはできないと信じており、結果として男性との関係に代わりボディビルディング活動を行っていた。強姦被害を認めた者10人のうち5人は、被害の前はステロイドを使用するつもりは全くなく、ステロイド使用は苦労して目標を達成する気がなく弱さの兆候であると信じていたという。

負の副作用

前述のように、女性の身体は、単純に、AAS投与向けにできていない。アナボリックステロイドは非常に強力なメッセンジャーであり、細胞が特定の方法で行動するように指示する。その多くは外部から見えるようになることはなく、使用者には害の及ぶ正確な範囲が分からない。タイプ、使用量及び期間は、悪影響の重大さにおいて重要な役割を果たすが、(一定の期間にわたる使用ではなく)わずか1回、非常に低用量の薬物を摂取した場合であっても、当該摂取サイクルが完了した後でさえ、不可逆的な損傷を引き起こす可能性がある(「真実のストーリーからの抜粋」参照)。

身体への副作用

アナボリックステロイドを使用している女性には、身体への悪影響が及ぶ可能性があり、かつ、そうした悪影響が及ぶ。生物学及び医学では、「男性化」とは、二次性変化の発達、又は、生殖細胞の産生に直接的に関連していない(したがって二次的な)、男性及び女性に特有の一連の解剖学的構造及び特徴の発達を指す。大部分の男性化は、アンドロゲン、又は、男性的特徴の発達や維持を刺激及び制御する任意の天然または合成化合物(ステロイドを含む)によって生じる。いくつかの負の副作用は永続的であり、その他は、薬物使用を中断したときに少なくとも部分的には消え去る。これらの副作用のいくつかには、声の深化、体毛の増加(濃い顔の毛の成長を含む)、頭髪の喪失、肝臓又は腎臓の損傷、オイリー肌、にきび、顔の毛穴の拡大 、陰核の拡大、胸の大きさの減少、およびLDLコレステロールのレベルの増加が含まれうるが、これに限られない。

行動への副作用

アンドロゲンと攻撃性又は暴力行為との関係を評価した研究はほとんどないが、その研究を実施した者は、テストステロンレベルと観察された攻撃性との間には相関があることに言及する(グライムズ・ジュニア、2003年)。科学者らは、高用量のステロイド及びプラセボを人間のボランティアに投与することにより、この関連性の強さを試験しようと試みた。被験者は、その後数日間及び数週間にわたって行動の兆候を報告するよう求められた。高用量研究4つのうち3つにおいては、プラセボ群と比較して、いらつきや攻撃性の感情がより強く生じたが、その影響は個人間で大きなばらつきがあるようである。4つ目の研究では顕著な作用はなかった。研究者らによると、考えられる説明の一つとしては、アナボリックステロイドのすべてではなく、一部のものだけがいらつきと攻撃性を高める、ということである。

AASを使用する女性は、軽度から中程度の精神不安定を経験しうる。最近の研究は、AAS乱用中に見られる気分や行動への作用について、二次ホルモンの変化に起因する可能性があることを示唆する。攻撃的な特異な例又は場面による例は、しばしば、「Roid Rage(ステロイド激高)」と呼称され、これは、通常は生活上の小さなストレス要因とみなされるようなものに対し、(時には暴力的な)過度に怒りっぽい反応に代表される。時には重度の気分変動を伴い、臨床的には、軽躁病(躁うつサイクルの一部)、双極性障害及び偏執病に関連する。
さらに、女性は、精神病、うつ病、無力感、無関心、食欲不振、不安感などの禁断症状に苦しむ傾向がある。女性は、忘れっぽくなったり、気が散るようになったり、時には行っていることやとっている態度について混乱を来たしたりすることすらある。何よりも、彼女は、なぜそのようなことが起こっているのか理解できない。

生理学的な副作用

女性では、平均血清テストステロンレベルが正常より約30倍高くなることに加えて、性ホルモン結合グロブリン(SHBG。肝臓で産生されるタンパク質)の減少(マラーキー、シュトラウス、ライズマン、リゲット、デマース、1991年)、卵胞刺激ホルモンの減少、循環HDLコレステロールの減少、及び甲状腺結合タンパク質の減少が生じる。これらの絶えず変化するホルモンレベルは、女性の免疫システムを脆弱にし危険にさらし、感染症だけでなく一般的な風邪に極めてかかりやすくなる。

ある研究では、AASがDHEA(副腎に作用してコルチコステロイド及びデヒドロエピアンドロステロンの産生を誘導する)などのアンドロゲンの免疫調節および抗ウイルス活性を阻害する可能性があることが示唆されている(ヒューズ、レイディ、スミス、1998年)。この研究はまた、ステロイドが、ウイルス感染直後の血液リンパ球におけるコルチコトロピン産生を有意に阻害することも示す。端的に言えば、AASは、病気の際に抗体の阻害を引き起こし、免疫反応の変化を引き起こす可能性がある。

心臓血管の危険因子には、耐糖能及び高インスリン(インスリン耐性となること)の変化又は減少、心臓血管疾患及びアテローム性動脈硬化症(動脈の内壁へ脂肪物質を沈着させ閉塞を引き起こす)を引き起こす可能性のある(血中にコレステロールを運搬する)リポタンパク質分画の変化、トリグリセリドレベルの増加、高血圧(異常に高い血圧)、心筋(中枢の心臓壁)の変化、並びに、いくつかの異なる凝固因子の濃度レベルの増加が含まれる。心筋症(典型的には、肥大および心臓への閉塞性損傷を伴うことのある心筋の慢性障害)、心筋梗塞(通常、心不全に至る心筋組織の局部的な死)、心臓発作、脳卒中及び脳血管発作はすべて、 AASの乱用に伴う死亡原因である。もちろん、身体の一次ろ過システムである肝臓は、毒性の増加に対応しなければならないため、攻撃にさらされる。肝臓に生じる病症には、黄疸(皮膚、組織、体液に黄色っぽい色素沈着を引き起こす胆汁の流れの不全)、肝紫斑病(血液が充満した嚢胞が肝臓に発達する)、肝細胞の過形成(肝細胞と呼ばれる肝臓の上皮性実質細胞の異常な増加)、及び癌がある。腎臓や胆嚢などの副次的なろ過装置もまた、疾患の影響を受けやすくなる。

筋骨格系への脅威は、十代の若者(女性及び男性)に見られる。そうした脅威の一つは、骨の間の成長板の融合であり、身長が伸びる可能性を有意に低下させ、結果として低身長となる。しばしば筋力が過度に急激に増加して腱と靱帯の成長が追いつかないため、両方が破裂点に至るまで弱くなり、治癒にかかる時間が長くなる。女性にとって特に興味深い他の骨格に関する脅威は、ステロイドが女性の血液循環カルシウム(及びその他のミネラル)のレベルを枯渇させることによって生じる骨粗しょう症である。これが起こると、体は直接骨から貯留されたカルシウム沈着物を剥がし始め、骨が脆弱になる。

循環テストステロンの増加とエストロゲン活性の減少により、視床下部 – 下垂体 – 生殖腺軸の繊細なバランスが歪んで生殖器系障害が生じることは既知の事実である。さらに、エストロゲン及びプロゲステロンの急激な減少は、卵胞形成及び排卵の阻害、並びに、無月経(月経周期の不在または抑制)に至りうる不規則な月経周期をもたらしうる。9人の女性ウェイトリフティング選手を対象に実施された研究では、2人を除くすべての女性が月経異常を来たした(マラーキーら、1991年)。また、女性は、子宮頸部や子宮内膜がん及び子宮萎縮を発症するリスクが非常に高く、AASの使用が長引けば、不妊症となる危険がある。ステロイドを使用している妊婦は、胎児の成長を遅らせたり、又は、擬似体性腎症(男性および女性の身体的性格的特徴の両方を有する)の可能性を高めることによって、生まれていない子どもにに対し文字通り損傷を与える可能性がある。

感染は、AASを注射する多くの乱用者の経験するところである。大抵の人は、注射部位を拭かなかったり、針を共有したり再利用したりするなど、非衛生的な注射技術をめぐる危険性に気づいていない。 さらに、いくつかのステロイド製剤は、無菌条件ではない状況下で不法に製造されている。これらの要因が組み合わさり、乱用者は、HIVやB型C型肝炎などの生命を脅かすウイルス感染にかかる危険にさらされている。乱用者はまた、心臓の内層に潜在的に致命的な炎症を引き起こす細菌性の病気である感染性心内膜炎を発症しうる。細菌感染症は、注射部位又はその近くに膿瘍が形成されるという形で顕在化する場合が多く、時に耐え難い痛みを引き起こす。

ボディビルダーにとってのその他の危険

2000年1月、マクリーン病院は、画期的な研究を発表した。ボストンの8マイル西にあるマサチューセッツ州ベルモントの小さな町の病院の研究者は、多くの女性のボディビルダーにAAS乱用やその他の能力向上薬物が広まっていると指摘する。これは必ずしも画期的なニュースのようには見えないかもしれないが、この研究ではさらに、多くの女性のボディビルダーが摂食障害やその他いくつかの身体イメージに対する障害や精神障害に苦しんでいるという証拠を明らかにした。

この研究は、女性のボディビルダーにおけるAAS使用に関する最初の徹底的な調査であると考えられており、Psychotherapy(心理療法)とPsychosomatics(心身医学)の医学雑誌で発表された。その研究には、ボディービルやフィットネスのコンテストの少なくとも一つで競技したことのある、又は、少なくとも2年間週に5日以上ジムでウェイトリフティングをしていた75人の女性アスリートが参加した。調査研究の一環として、主にボストン地域出身の参加者は、精神医学上及び医学上の診断を受けた。75人の被験者のうち、25人は、過去又は現在ステロイドを使用したことがあると述べた。ステロイド使用群及び非ステロイド群いずれの女性も、すなわち25人のアナボリックステロイド使用者のうち20人、50人の非使用者のうち21人がエフェドリンなど他の能力向上薬物の使用を報告した。

研究の著者アマンダ・グルーバー医学博士兼マクリーン病院生物精神医学研究所研究員は次のように語る。「ボディービルディングは、食事や体のイメージについて障害を抱えていたり、そのリスクのある女性にとって危険な活動です。なぜなら、ボディービルのコミュニティは、これらの障害に関連する強迫的なダイエットや自己没頭、それに付随する薬物乱用を通常のものとして受け入れるからです。」グルーバー及び医学博士兼博士兼マクリーン病院生物精神医学研究所長であり研究の第二著者であるハリソン・ポープによれば、「この研究の最も興味深い発見の一つは、女性のボディビルダーにおいて摂食障害およびその他の精神障害の罹患率が一般的に高いということでした。研究者から『摂食障害、ボディービルダータイプ(ED、BT)』と呼ばれる最初の症候群では、定期的に予定された間隔をおいて高カロリー、高タンパク、低脂肪の食事をとることを厳格に遵守することを特徴としています。ED、BTは75人の被験者のうち55人に認められました。 2番目の症候群である非伝統的性別役割は、75人の被験者のうち55人に認められたところ、これは、典型的な男性的な衣服、職業、ゲームや娯楽、そして男性の友人を強く好むことを特徴とします」。身体的状態が最も良いボディビルダーでさえも小さく弱いと感じる「筋肉醜形障害」という前述の症候群に基づき、75人の被験者のうち65人が、自分の体に対する極端な不満を報告した。グルーバーは、「これらの摂食行動パターン、性別役割行動および身体イメージ障害は、女性ボディビルダーの社会的および職業的機能に大きな影響を与えました。法律、医学またはビジネスで学位を取得したにもかかわらず、厳しいダイエットを行い、ジムで何時間も過ごすことにすべてを費やすライフスタイルを追求するためにこれらのキャリアを断念したという女性にも遭遇しました。」と述べる。

ボディービルディングに関して言えば、女性が規則的なプログラムに従って、適切な技術を用いて、一定の期間一貫して厳しく鍛えれば、アナボリックステロイドで普通以上に筋肉が付き、スポーツでの競争力が付く。中途半端なトレーニングでは、男子化するだけ。

アナボリックステロイドの通販サイトはこちら

 

【これらのサイト・資料を参照しました】https://www.steroidabuse.com/steroids-and-women.html

Albert, S. The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, Feb. 6, 2004; vol 89: pp 695-701

American College of Sports Medicine Position statement on the use and abuse of anabolic/androgenic steroids in sports. Med Sci Sports Exerc 1987; 19:534-539

AnabolicSteroid.com, I Am A Women Who Used Steroids And Lost A Precious Gift. http://www.anabolicsteroids.com/womenfemalessteroids.html

Grimes, J. Hormones and Behavior, Nov. 2003; vol 44: pp 271-280

Gruber AJ, Pope HG Jr. Compulsive weight lifting and anabolic drug abuse among women rape victims. Comprehensive Psychiatry 40(4):273–277, 1999

Hamburger, C. (1969). Endocrine treatment of male and female transsexualism. In: Transsexualism and sex reassignment. Green, R. & Money, J. (eds), Baltimore, Johns Hopkins University Press, 291-307

Kraemer, William J., Varying Weight Training Intensity Increases Growth Hormone In Women. American Physiology Society, December 4, 2006

Malarkey, W.B., Strauss, R.H., Leizman, D.J., Liggett, M., Demers, L.M. (1991) Endocrine effects in female weight lifters who self-administer testosterone and anabolic steroids. American Journal of Obstetrics and Gynecology, 165, 1385-1390
National Institute on Drug Abuse (NIDA).  Research Report Series – Anabolic Steroid Abuse. Why do people abuse anabolic steroids?

Patrick J. Bird, Ph.D., Steroid Effects on Female Bodybuilders, University of Florida Health and Human Performance

Silver, M.D. Use of Ergogenic Aids by Athletes.  J. Am. Acad. Ortho. Surg., January 1, 2001; 9(1): 61 – 70

Stone M Literature review: anabolic-androgenic steroid use by athletes. Natl Strength Conditioning Assoc J 1993; 15:10-28
Sutton, Linda, ANABOLIC STEROIDS: Not Just For Men Anymore, Vanderbilt University

US Department of Health and Human Services. Physical Activity and Health: A Report from the Surgeon General. Atlanta, GA: US Dept of Health and Human Services, Centers for Disease Control and Prevention, National Center for Chronic Disease Prevention and Health Promotion; 1996

Wu, F.C. (1997) Endocrine aspects of anabolic steroids. Clinical Chemistry, 43, 1289-1292

Yesalis C, Bahrke M Anabolic-androgenic steroids. Sports Med 1995; 19:326-340

 - 筋肉増強剤