筋肉増強剤・アナボリックステロイド~個人輸入代行・通販サイト~

個人輸入代行・通販サイトで筋肉増強剤・アナボリックステロイドを服用した体験記。アナドロール(アンドロリックタブレット・成分はオキシメトロン)は経口剤のステロイドでは最強。クロミド(クロミッド)やノルバデクス、アリミデックスは副作用防止・睾丸機能回復に。

テストステロン・エナンセート(Testosterone Enanthate)サイクルと副作用

   

テストステロンエナンセート(エナント酸テストステロン)?服薬サイクル、副作用そして投薬量

たぶんすでにご存知の通り、タンパク同化ステロイドとボディビルディングはしばしば密接に関連し合っています。毎年コンテストでステージを支配している300ポンドを超える巨大なプロのボディビルダーたちの何人かを見れば、その理由はすぐにわかります。タンパク同化男性化ステロイドは常軌を逸した大量の筋肉をつけるのに役立ちます。このことが、今日の記事でテストステロンエナンセート(エナント酸テストステロン)=Testoviron depot(テストビロンデポー)のサイクルについて考察する理由です。ご存知のように、ステロイドは大きく誤解されています。だから、今日皆さんにステロイド使用の危険性と、もちろんステロイドがもたらしてくれる多くの利点についてご教示するために行動を起こしているのです。もしみなさんが体育館に暮らすような生活や、毎週何ポンドもの鶏の胸肉を食べ、ほとんど全く改善が見られないことにうんざりしているなら、もう投げ出して、何の意味があるんだと自問したくなってしまうかもしれません。しかし、そのような精神的な障壁を乗り越えられるなら、たぶんエナント酸テストステロンや他のアナボリックステロイドを服用し、ステロイドサイクルを実行したり、いくつかできることがあります。ステロイドを使ってみたいと思っている場合でも、あるいは単にエナント酸テストステロン服薬サイクルについてもっと知りたいと思っているだけでも、これからより詳細に典型的なテストステロンエナンセートの服薬サイクルガイドを見ていこうと思います。

テストステロンエナンセート(エナント酸テストステロン)とは何か?

テストステロンエナンセート(エナント酸テストステロン)はAAS、つまりタンパク同化男性化ステロイドで、シピオン酸テストステロンやテストステロンサスタノンのような男性の低テストステロンの治療に用いられるものです。しかし、筋肉の増強や脂肪の燃焼そして回復の速度向上にものすごく効果的なので、多くのボディビルダーたちがこのステロイドを使っています。これを単独で周期服用している人もいるし、ステロイドスタックのベースとして使う人もいます。同化特性を持つため、バルキングサイクルにもカッティングサイクルにも使うことができ、シャープな筋肉をつけるのを期待する人たちの間では人気があります。さて、テストステロンの後に名前がついているのが見えますね。この場合は、名前は「enathate」で、エステルを表します。単純に言うと、テストステロンにくっついているエステル結合がこのホルモンが体内に放出される速度を決定するのです。エステルはテストステロン分子にくっついている炭素鎖です。エステル鎖の長さが薬品の溶けやすさを決定します。鎖が短ければそれだけ溶けやすくなり、その逆も同じです。エナント酸テストステロンは通例週に2、3回注射されます。

テストステロンエナンセート(エナント酸テストステロン)の副作用

いい事と共に、悪い事も受け入れなければならないもので、テストステロンエナンセートはとても有益なのですが、とても危険でもあり、いくつかの副作用があります。PCTつまりポストサイクル治療を使って、できることは全て行って副作用を避けるべきです。PCTについてはすぐにより多くのことを学ぶことになります。それまでの間、いくつかのよく見られるエナント酸テストステロンの副作用を挙げます。

アンドロゲンによる副作用

第一に、テストステロンエナンセートに関して言えば、アンドロゲンによる副作用に注意しなければなりません。アンドロゲンの副作用には以下のようなものが含まれます。油っぽい肌、脱毛(遺伝的に禿げる傾向がある場合)、毛髪の成長、ニキビ、気分の変動、そしていらだち感です。

芳香族化(アロマタイゼーション)

おそらくテストステロンエナンセートについて最も気をつけなければならないことは、テストステロンエナンセートは芳香族化(アロマタイゼーション)してエストロゲンに変化しかねないことです。エストロゲンの副作用には、女性化、水分保持、腫脹、メタボリズムの低下、そして脂肪蓄積が含まれます。言うまでもなく、こういったものはどれもボディビルディングの観点からは好ましいものには思われません。

エナント酸テストステロン(テストステロンエナンセート)の服用量

初心者のステロイドサイクル↓

テストビロンデポー(テストステロンエナンセート)のサイクル初心者向け

テストビロンデポー(テストステロンエナンセート)のサイクル初心者向け

「EOD」は「End Of Day(一日の終わり)」の略

 

中級者向けのステロイドサイクルは、こちら↓

テストビロンデポー(テストステロンエナンセート)のサイクル中級者向け

テストビロンデポー(テストステロンエナンセート)のサイクル中級者向け

 

 

テストステロンエナンセート(エナント酸テストステロン)=Testoviron depot(テストビロンデポー)の服用量はどうでしょうか。そうですね、単純化して皆さんの記憶を新たにするために申し上げますが、服用量は1日おきに250ミリグラムから、1週につき750ミリグラムとさまざまです。しかし、週1000ミリグラムと高い服用量の場合もありますが、正直なところ、どんなサイクルを実行しているか、そしてそもそもこの薬品を何とスタックして使っているかによるでしょう。

PCTは必要ですか?

PCTつまりポストサイクルセラピーは、テストステロンエナンセートのサイクルを実行した後には絶対必要です。実のところ、どんなステロイドのサイクルを実行したあとでも必要なのです。クレンブテロールのように、どんなに軽度のものであってもです。PCTの機能はちょうど電話やコンピューターの「工場設定に復帰する」機能と同じなのです。皆さんの体を基本的にリセットして、ステロイドを摂取し始める前の状態に皆さんを戻すためにPCTはあるのです。

 

★参照サイト↓

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8774299

https://www.webmd.com/drugs/2/drug-14154/testosterone-enanthate-intramuscular/details

https://www.drugs.com/cdi/testosterone-enanthate-injection.html

https://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT02777242

アナボリックステロイドの通販サイト↓

https://okusurikan.net/products/list?category_id=31

https://eibisudrug.net/products/list?category_id=31

 

テストステロン・エナンセートは成分名で、商品名はテストビロンデポーです。

 - 筋肉増強剤