筋肉増強剤・アナボリックステロイド~個人輸入代行・通販サイト~

個人輸入代行・通販サイトで筋肉増強剤・アナボリックステロイドを服用した体験記。アナドロール(アンドロリックタブレット・成分はオキシメトロン)は経口剤のステロイドでは最強。クロミド(クロミッド)やノルバデクス、アリミデックスは副作用防止・睾丸機能回復に。

hCGは加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群の治療にも効果

   

男性更年期障害について

年齢を重ねるということによって、男性ホルモンレベルが低下します。
すると、男性更年期障害は生じる
のです。
男性更年期障害とは、LOH症候群とも呼ばれていまして、以下のような症状が伴うということが多々あります。

HCGやアナボリックステロイド の通販サイトは、こちら

手足のしびれを感じたり、精神症状としては、鬱症状が感じられたりということがあります。
男性の更年期障害といった場合には、勃起不全という症状が感じられたりということもあります。
頭痛や発汗といった症状がも、男性更年期障害の症状として考えられまして、実に多様な症状が考えられるので注意しなければならないです。

男性更年期障害の診断としては、最も一般的な方法として血液検査が挙げられます。
男性更年期障害の治療法としては、減少してしまった男性ホルモンをカバーします。
それは男性ホルモン補充療法と呼ばれています。
男性更年期障害とは、精神的なストレスが影響してしまっているということも、とてもよく考えられます。

なので、男性更年期障害に関しては、そのストレスに対処するための医薬品が処方されるということも、よく考えられます。

男性更年期障害の症状具体例

男性更年期障害の具体的な症状としては、気分の変調が見られたり、抑うつ症状が感じられたりということがあります。
勃起機能や性欲の機能が低下してしまったりということがあります。

男性は、筋肉量が低下してしまって、睡眠障害になってしまったりというデメリットも想定されます。
骨粗鬆症になってしまったり、皮膚の変化が見られるということもあったりしますので、注意しなければなりません。

食欲不振になってしまったり、外陰部の不快感などの症状が伴ったりということになりますので、男性更年期障害には注意したいところです。

男性ホルモン補充療法について

男性ホルモンとは、人のさまざまな臓器に対して、影響を与えるとされています。
前立腺、中枢神経系にも、男性ホルモンとは影響を与えまして、注射剤や塗り薬を使って、治療していくということになっています。

エナント酸テストステロンとは、普通は、2~4週間と期間を空けて、125mg~250mgを筋肉注射します。

胎盤性性腺刺激ホルモン(hCG) とは、一般的に、1度に3,000~5,000単位によって、1~2週おいて、1~3回を筋肉注射することが一般的です。

1回3gを1日1~2回陰嚢皮膚に塗布するのは、男性ホルモン軟膏によるものとなっています。

テストステロン補充治療の副作用について

テストステロンを補助することによって、造血機能が亢進するのですが、これによって、多血症となることが考えられます。
ヘモグロビン値が上昇するということが考えられます。
そして、テストステロン注射薬を使ったという場合には、副作用として、皮疹や痒みが生じるといったことが考えられまして、喉や舌に軽度の痺れが見られるという場合もあるので、注意しなければならないです。

前立腺癌が悪化してしまったり、前立腺肥大が見られることもあるので、注意しましょう。
腎機能障害や高コレステロール血症が、副作用として生じることもあるので、注意したいところです。

加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群について

男性ホルモン低下によって、LOH症候群が生じるといったことが考えられます。
LOH症候群とは、加齢男性性線機能低下症候群の略称とされています。
これを簡単に説明させて頂くとするなら、加齢にともなって、身体の変化が生じることによって、発現してしまう諸症状といった感じです。

男性に関しては、テストステロンの働きが特に影響してしまう臓器があります。
生殖器のことでして、テストステロンが減少すれば、朝立ちができなくなったり、勃起不全という悩みを抱えるといったことも珍しくないのです。

テストステロンが減少するということは、脳にも作用を及ぼしてしまう部分があります。
これは、不安感やイライラという感情を高める大きな要因となります。

加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群とは、現代では、比較的若い人にもよく見られるようになってきていまして、30代の方でも、LOH症候群によって悩まされているという方は、少なくないというのが実情となっています。
男性ホルモンというものは、その特徴としては、ストレスの影響を受けやすいということが考えられます。

これが、男性ホルモンの生成や、分泌というものが抑制される大きな要因となります。
たとえ30代の方であったとしても、ストレスを受ける状態に日常的に晒されてしまえば、加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群を発症してしまうといったことは、ふつうに考えられてしまいます。
一般的に、男性ホルモンの分泌量というものは、20代でピークを迎えます。
30代前半で、もうすでに、減少へ向かっていくようになるのです。

たしかに、40代から60代では、男性更年期によって悩まされる率自体は高いですが、それより前の年代であっても普通にあるのが、加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群です。

加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群の症状について

加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群については、以下のような症状が、よく見られるというのであれば注意しなければならないとされています。

肉体的に、精神的に健康状態が、以前より、低下してしまっているように感じられませんか?

また、筋肉痛や関節痛がひどいといった方も、注意してみてください。

そして、加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群の疑いがあるといった方は、発汗がよく見られるなどしたり、夜間、睡眠障害によって悩まされてしまう、デメリットがともなうといったことも考えられます。

精神的に不安定になって、急に怒りっぽいようになったり、神経過敏となってしまったりもしますから、加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群の診断基準として設けられることがあります。

身体機能としても、筋力が低下してきてしまって、以前よりも魅力的でないと感じられることはありませんでしょうか。

加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群の方は、性機能が低下する症状もよく見られまして、最近朝立ちが減少しているように感じられたり、性的活動が疎遠となってしまったりということはありませんか?

加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群の治療法

加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群の治療法として一般的であるのは、漢方薬を使ったり、抗うつ薬を使ったりということが挙げられます。

ホルモン補充療法としては、HCGや、エナルモンデポーが使われたり、外用薬として、グローミンテストステロンが利用されるといったこともあります。
全てにおいて、加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群の治療法として、男性ホルモン補充療法が好ましいというわけではないです。

すでに、以下のような疾患を伴っているという場合には、加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群の治療法として、男性ホルモン補充療法の選択は控えるようにしたいところです。

具体的には、重度の肝機能障害が伴っている場合には、加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群に対して、男性ホルモン補充療法は選択すべきじゃないです。
重度の腎機能障害が見られるという場合にも共通しています。

その他、前立腺癌や、乳がんといった場合でも、男性ホルモン補充療法の選択とはできないとされています。

また、睡眠時無呼吸症候群ではありませんか。
加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群の治療法に、補充療法を選択しないでください。

 

 

HCGやアナボリックステロイド通販サイトは、こちら

 - ケア剤, 筋肉