筋肉増強剤・アナボリックステロイド~個人輸入代行・通販サイト~

個人輸入代行・通販サイトで筋肉増強剤・アナボリックステロイドを服用した体験記。アナドロール(アンドロリックタブレット・成分はオキシメトロン)は経口剤のステロイドでは最強。クロミド(クロミッド)やノルバデクス、アリミデックスは副作用防止・睾丸機能回復に。

アロマシン(Aromasin)通販|アナボリックステロイドの副作用対策のケア剤

   

アロマシンの通販サイトは、こちら↓

お薬館

エイビスドラッグ

 

アロマシンはアナボリックステロイドの副作用対策のケア剤

作用:アナボリックステロイドの服用で失われた睾丸機能の回復・女性化乳房の予防
用量:標準的なアロマシンの投薬量は10mgから25mgの間で、多くの初期患者は10mgから15mgを投薬量としています。

本来は女性が乳癌を取り除くものとして使用されのですが、アナボリックステロイド(筋肉増強剤)の副作用対策のケア剤として個人輸入している男性も多いです。

アナボリックステロイドを服用すると、テストステロンが不自然に増加します。その反応として、身体は均衡点を求めようとして、アロマターゼを生成し始めます。アロマターゼはテストステロンンをエストロゲンに変換してしまうので、テストステロンにとっては、これは悪い知らせです。そこで、アロマシンのようなアロマターゼの反応抑制剤がその役割を果たすことになります。

アロマシンは、アロマターゼの生成をブロックし、その結果、テストステロンのレベルを非常に高い状態で維持します。幸福な物語のおしまいのように聞こえますか。テストステロンを維持し、エストロゲンを低くするので、誰でもより大きく、筋肉質になっていきます。しかし、そうは簡単ではありません。

アロマシンはアナボリックステロイドの副作用のいくつかは防止してくれるかもしれませんが、それはそれで戦わなければならない副作用があるのです。

アロマシンは何なのでしょうか。
元々はエクストリームステインとして医学界に販売されたもので、この乳癌治療薬が、アロマシンとしてより一般的に知られるようになったのです。ある乳癌では、エストロゲンが癌細胞の成長を促進します。このことは、化学療法をした後に、特に顕著です。アロマターゼの反応抑制剤として、アロマシンは体内のエストロゲンの量を減らし、それにより乳癌の成長ないし復活を止めるのに使用されます。

それは、主に閉経期後の女性が乳癌を取り除くために開発されたものですが、アロマシンがエストロゲンの生成を止めることができるという事実からボディビルディングやステロイドを使うコミュニティでも非常に人気を集めることになりました。

アロマシンの使用方法

アナボリックステロイドのユーザーは、サイクルの間と直後にアロマシンを補給します。

アナボリックステロイドを1サイクル補給した後は、自分自身のテストステロンの自然な生成は大幅に少なくなり、身体がテストステロンの生成を再度始めるには時間が必要となります。その間、エストロゲンも元に戻ろうとします。ここで、アロマシンによるPCT(ポストサイクルセラピー)が役に立ちます。

アロマシンによるPCT(ポストサイクルセラピー)を使うと、エストロゲンのレベルを十分な時間下げ、自分自身のテストステロンの生成が元に戻るのに役立ちます。男性の胸の発達症(女性化乳房)のようなアナボリックステロイドの生殖関連の気が狂いそうな副作用を確実に避けられるようになります。

標準的なアロマシンの投薬量は10mgから25mgの間で、多くの初期患者は10mgから15mgを投薬量としています。

サイクル例

アロマシン(Aromasin)のPCTサイクル

アロマシン(Aromasin)のPCTサイクル

 

5つのアロマシンの副作用

アロマシンが、アナボリックステロイドを使用することに関連した副作用のいくつかを回避するのに役立つからといって、それ自身が問題の原因にはならないことは意味しません。最も一般的なアロマシンの副作用の内5つを見てみましょう。

1.ランダムな筋骨格痛
臨床試験中、アロマシンの治療を受けている時に、被験者は筋骨格の痛みを報告しています。それは、単に一つの研究だけではありません。多数の研究が、アロマシンの使用の結果、体中にランダムに痛みが起こるかもしれないことを確認しています。

ある研究では、被験者は、関節、結合組織、肘、手首、くるぶしの痛みを最も訴えていました。これらの結果は、ボディビルディングのオンライン・フォーラムでも同様に報告されており、何人かのユーザーは、膝と手首という、スクァットやベンチプレスをする時に本当に痛みを感じたくない二つの個所で痛みを訴えています。

2.不安とうつ
アロマシンと認知機能の低下を結び付ける正式な研究はありませんが、投薬中に不安感やうつ状態が増加することを多くの一般人が報告しています。

さらに、ボディビルディングやステロイドのフォーラムを覗いてみると、多くの人が同じこと、つまりアロマシンが不安感、パラノイアやうつ状態を引き起こすと述べています。

3.血圧の急上昇
これはアロマシンに限った副作用ではありませんが(事実、大部分のアロマターゼの反応抑制剤も血圧を上昇させることが分かっています)、深刻な合併症を引き起こしうることから、ここにあげる価値はあるものと思います。

アナボリックステロイドは、血圧を上昇させ、心血管系に重い負荷をかけることで悪名高いものです。それに加え、アロマシンから起こる同じ副作用があります。高血圧は心臓と血管に余分なストレスをかけることになります。時間の経過とともに、特にステロイドとアロマシンを数回のサイクル服用している場合は、心臓まひや発作を生じるリスクを増すことがあります。

私たちの言葉だけで信じないでください。アロマシンの最も一般的な副作用の一つが、血圧と中性脂肪の増加であることが研究で示されています。

4.抜け毛
アナボリックステロイドを既に使用しているのであれば、髪の毛が抜けてくることに気づいている可能性が高いと思います。あなたがまだ認識していないかもしれないことは、PCTがこの問題に拍車をかけていることです。

抜け毛は、特にアンドロゲン性のサプリと一緒に服用している時には、アロマシンの一般的な副作用です。アロマシンは、テストステロンのエストロゲンへの変換を止めるかもしれませんが、テストステロンが抜け毛の原因になるホルモンであるDHTになるのを止めるためには何の役にも立たないのです。

5.脆弱骨
アロマシンのもう一つの悩ましい副作用は、骨に対するものです。アロマシンを使うと、骨のミネラル密度が低下するリスクが増加することがあるのです。

それは大問題なのですか。骨の密度が低くなると骨粗鬆症になり得ます。これは、骨が脆弱になり、もろくなり、弱くなるということです。骨を折ったり、挫傷したりしやすくなるということです。事実、アロマシンの試験期間中に、挫傷が報告されました。

ですので、長期間常用するのは避けてください。

 

アロマシンの通販サイトは、こちら↓

お薬館

エイビスドラッグ

 

 - ケア剤